出前授業実施事例

校区の緑視率調査を総合学習に活用 ―石橋南小学校5年生

この出前授業を実践しました⇒校区の緑視率を調べよう

総合学習全体の学習の流れ

環境をテーマにした年間の流れに応じて、複数の出前授業を実施されています。
緑視率調査は、他の校区と比較しながら地域の環境について緑の量の視点から知ることを目的に実施されました。

<学習の流れ>
・1学期…池田の自然に触れる
(活用した出前授業)五月山の自然観察、サントリー水育 等
・2学期…興味を持った分野について調べる
(活用した出前授業)緑視率調査 等
・3学期…できることを考える
(活用した出前授業)フードマイレージ 等

実施結果

緑の保護の取り組みとして、校内の木に樹種の名札を付けるといったアイディアが出てくる等、緑に対する理解が深まり、行動する意識も高まったと考えられます。

緑視率授業風景←授業の様子

作業シート例↓

緑視率 作業シート2 緑視率 作業シート1

この出前授業を実践しました

校区の緑視率を調べよう

緑視率授業風景
・校区の街並みの写真から、写っている緑の割合(緑視率)を計測することを通じて、自分の住んでいる街にある緑の量や様子について新たな視点から知ります。
 ※緑視率とは、路上から街並みを見た際に占める草木の割合のことで、池田市では、これをモニタリングしていくことにしています。
・望ましい緑の量や風景について考え、自分にできることを考えます。