出前授業実施事例

阪急電鉄 ゆめ・まちわくわくWORKプログラムを活用―呉服小学校6年生

この出前授業を実践しました⇒阪急電鉄 ゆめ・まちわくわくWORKプログラム 

 学習の概要

  • 子どもたちの次世代の育成に向けてのプロジェクト
  • 社会には多くの職業があり、子どもたちの興味・関心をもとにその職業を探る
  • 勤労観・就労感の醸成
  • さまざまな仕事への関心を喚起させる
  • 自他理解能力の育成
  • 小林一三のまちづくりにかけた夢や努力、工夫を知る中で、地域のまちづくりについて考える機会とする

実施時期

2学期下旬

学習の流れ(2単元時間、90分)

時間 内容
1時間目 池田のなじみ深い小林一三のまちづくりを通して、夢や努力、工夫などを共有する

「小林一三は阪急電鉄のまちづくりに、どんな工夫をしてきたのだろう」

2時間目 キャリア教育、子ども一人ひとりの興味・関心をもとに社会にあるさまざまな職業を知り、さらにその職業の内容について深く知る機会とする

「まちにはどんな仕事があるのだろう」

準備物

プロジェクター、スクリーン、(電子黒板)、PC

児童のようす、感想等

  • 知らない職業がわかってよかった。
  • 3学期に行くキッザニア甲子園が楽しみ。
  • 仕事を知れば知るほど他の仕事も知りたくなった。
  • この仲間分けにはない仕事に就きたいけれど、関係ある仕事を選んだ。
  • 「わたしたちのまち池田」に載っていたように思う。小林一三さんや室町住宅、有馬箕面電気軌道、それにかかわる施設を学んだ覚えがある。
  • 池田に阪急電車の本店があることを初めて知った。
  • 電気も発電所を自分で作って供給していたことを知った。

阪急呉小6年図1 阪急呉小6年図2

この出前授業を実践しました

阪急電鉄 ゆめ・まちわくわくWORKプログラム 

阪急わくわくWORKアイキャッチ
 まちの発展に情熱をかけた先人の思いを知ると共に自分たちのまちを支えるさまざまな仕事と自分の興味とのつながりに気づく小学校高学年向けのキャリア教育、環境学習です。
 昔の写真で施設や身近なまちの様子、駅などから時代の変化と先人の考え、工夫を学びます。
年代別 教科別