出前授業実施事例

パナソニック エコと太陽光発電教室を教科学習に活用 ―石橋南小学校6年生

この出前授業を実践しました⇒パナソニックキッズスクール エコと太陽光発電教室

活用した単元

理科「電気の性質とその利用」

学習の位置づけと流れ

発電の仕組みや発電量の違いを学ぶ目的で実施されました。

実施結果

  • 「授業前、光から電気を作れることを知っていましたか?」「授業後、太陽光発電のことが分かりましたか?」 というアンケートを行い、授業後には理解度が上がったことが分かった。

<授業前>         <授業後>

「知っていた」41%   「よく分かった」47%

「少し知っていた」53% 「まあ分かった」53%

「知らなかった」6%

  • 授業後に家庭で行う「1週間チャレンジ」では、「冷蔵庫の開けている時間を短くする」「つけっ放しの照明を消す」「テレビの電源をこまめに切る」の3つのうち2つにチャレンジし、2クラス(58名)でサッカーボール2,243個分(節電金額にすると年間43,167円)のCO2を削減することができた。

子どもたちの感想

<出前授業の感想>

  • 実験が楽しかった。最初に予想をたてて実験して結果を出すのが良かった。
  • 手回し発電機で何ワット作れるのか試したのが楽しかった。
  • 太陽光がすごい役目をしていることを初めて知った。
  • 自分で体験できた、エコについて学べてよく分かった。

<1週間チャレンジの感想(児童)>

  • 気をつけてみると結構節電ができた。あかりを消すところが多くてびっくりした。
  • 意識してやるのが難しかった。テレビゲームの時間を減らすのが大変。
  • 楽しかった。ちょっと省エネに興味をもった。

<1週間チャレンジの感想(おうちの方)>

  • 毎日がんばって取り組んでいた。待機電力も積極的に消してくれた。
  • 家族で節電を意識する良い機会となった。
  • 意識することは大切だと思った。これからも続けていきたい。

 

この出前授業を実践しました

パナソニックキッズスクール エコと太陽光発電教室

IMG_1948
・一般的な発電方法と太陽光発電についての仕組みや特徴を学び、授業後には家庭での省エネを一週間チャレンジします。
・実験を通じて「省エネ」や「電気」についての理解を深めます。