出前授業

稲を育てる(学校で実施した事例)

稲を育てる図1
・「ものづくり」の魅力発信
・食の大切さ、料理の楽しさ、人と関わることのすばらしさ、仕事の達成感
・日々観察することによって、植物の成長を体感する
所要時間 1学期
時期 春~秋
実施者 教員

関連する主な単元

<3年生>理科「植物を育てよう」社会「わたしのすんでいるところ」保健「けんこうな生活」

<4年生>理科「季節と生き物」保健「育ちゆく体とわたし」

<5年生>理科「生命のつながり」社会「わたしたちの食生活と食糧生産」保健「心の健康」

家庭「おいしいたのしい調理の力」「食べて元気!ご飯とみそ汁」

総合「食育」

<6年生>理科「体のつくりとはたらき」「植物の成長」「生物どうしの関わり」

保健「生活習慣病の予防」家庭「朝食から健康な1日の生活を」「まかせてね今日の食事」

「あなたは家庭や地域の宝物」

総合「食育」

授業の流れ (※一例)

流れ
 田植え
 観察
 案山子づくり
 稲刈り
 脱穀

稲を育てる図1稲を育てる 図2 稲を育てる 図3

児童の様子、感想など

  • 泥の田んぼ、入るとき、「ぐちゅ」という感触。前に進みにくかった。
  • 苗を植える人。苗の束を運び補給する人。それぞれいつの間にか役割が決まっていた。
  • すくすく育っている苗。緑が濃くなっていた。背も伸びていた。
  • 田んぼの水を引いたり、草を刈ったり、森さんが面倒を見てくれていた。
  • 稲刈り、森さんが見本を見せてくれて、先生が試しにして、いよいよ子どもたちの番。結構力がいった。刈るだけでなく束ねて、木に干していった。
  • 木に干すとき、バランスがとりにくくて、ぐるりと回って落ちる束もあった。
  • 学校で干したいな束の脱穀をした。道具が発明される前までは、大変だっただろうな。

実施者(教員)からのメッセージ

実施者

この出前授業
について
問い合わせる